ご 案 内
利用時間と料金
利用料金支払方法のご案内
利用規定
その他の注意のご説明
先生専用ホームページの製作
パンフレットの製作
教室を始めるQ&A
先生のコメント
生徒さんのコメント
貸しロッカー利用
気軽に、お問い合わせ下さい
 
 

文化教室利用契約書の説明
文化教室利用契約書

この度、文化教室MAY I HAVE(以下甲という)と_______(以下乙という)は、文化教室利用につき下記のとおり契約を締結する。
1. 第( )・第( )・第( )・第( ) (  )曜日 (  )階   :  〜  :  
2. 利用日時の大幅な変更は、変更月の前月までにお申し出下さい。
3. 文化教室内への持ち込み什器・備品・作品・携帯品などの搬入・搬出は
契約時間内に準備してください。終了時間の5分前には、最初の机・椅子の位置に戻して、次の教室が利用出来る状態にして下さい。
4. 利用施設は、すべて
禁煙とし、1室の椅子数が定員となり、定員以内でご利用下さい。
5. 乙は文化教室を利用中、全責任を持って管理指導して下さい。
6. 乙は、次に核当するご利用は一切できません。
(ア)文化教室利用契約書の
利用目的以外の利用。
(イ)火気使用及び危険物の持ち込み・公安・秩序・当施設・その他第三者に損害を及ぼす場合。
(ウ)文化教室使用を第三者に
譲渡及び転貸しすること。
7. 各教室の生徒並びに先生への電話・連絡内容の取次ぎは、ご遠慮ください。
8. 利用契約の変更・解約は、いかなる場合においても、
入金後の返金は、致しません
9. 文化教室内への持ち込み什器・備品・作品・商品・携帯品などの火災、盗難、紛失、破損、汚損、その他不慮の災害などによる損害は、使用者が一切の責任を負うものとします。特に高価な品物については損害保険をお掛けください。
10. 文化教室使用中の備え付け・造作・什器・備品・その他設備等の出火、紛失、破損、汚損、等の損害を与えた場合は、速やかに乙は、全責任をもって甲に賠償するものとします。
11. 電気使用量の大きい電気製品(電気アイロン・電気コタツ・電気暖房器等)の使用には、事前に乙は甲に通知しなければならない。
12. 上記以外において、甲の信頼を損なう行為があったときは、乙は文化教室の
利用を禁止されても異議ないものとします。
13. 本契約書に定めなき事項については、法規並びに習慣に従うものとし、甲、乙ともに誠意を持って協議善処しなければならない。
以上のとおり契約が成立したので本契約書を作成し、各自その一通を保有し、後日の証とします。


平成   年   月   日
住所 〒□□□−□□□□     
会社名  
代表者名                                          印
利用目的  
TEL                            FAX
携帯電話番号                         E-mail

文化教室 MAY  I  HAVE 代表者 中 川                         印
奈良県奈良市学園北1−8−7
TEL 090-9046-0770